三進技研より、プレス加工の自動化をご提案いたします。まずはできるところからはじめてみませか!!お気軽にお問い合わせください。

qrcode.png
http://topec.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
   
ローディングロボットはプレス機にワークを自動で搬入・搬出(ローダー・アンローダー)する装置です。
 
一般的には直行ロボットと呼ばれます。
 
多関節ロボットに比べると、自由度(汎用性)は低くくなりますが、一品一様をコンセプトに低価格・最適性能・高効率な装置をご提供出来る様に追求しています。
 
ご計画・ご予算に合わせて、サーボ駆動・油圧駆動・空圧駆動などお客様に最も適した方式でご提案致します。
 
   
サーボ駆動ローディング装置
本ローディング装置は自動でシート材の取り出し→材料2枚検知→加工油塗布→プレス機への搬入・搬出を行います。
 
プレス機側からの起動信号(カム信号)により、連続運転を行っております。
  
シート材取り出しはバキュームパッドによる真空吸着方式の為、キズ・打痕はありません
 
アイドルステージ内にて自動塗油を行っています。
 
(スプレーガンによる均一な塗油が行えますので、塗油不良によるチョコ停解消、加工油量の削減の効果があります。)
   
材料2枚検知を装備しておりますので、自動運転中の2枚打ちはありません。
 
ワーク積載は2ステージのマガジン交換式の為、ノンストップで連続運転が可能です。
 
サーボ駆動の為、オペレーターによる段取り時の位置調整・速度調整等の微調整が数値入力のみで簡単です。
   
カム駆動ローディング装置
本ローディング装置は自動車シートレールの2次プレス加工工程用に開発した搬送装置です。
 
動力源は モータ1台で、カム駆動により2次元動作を行います。
 
ワーククランプはバキュームパッドによる真空吸着にて行い、プレス機へ搬入・搬出します。
 
前行程のプレス機より到達したワークを検知して搬入・搬出を同時に行います。
 
メカカム機構による駆動ですので、サーボモータによる軸動作に比べ、動作速度は圧倒的に速いです。
 
 
   
油圧駆動ローディング装置
本ローディング装置は高速プレス機へモーターコア素材の搬入・搬出し、ノッチング加工するための自動化装置として開発致しました。
 
フィンガー等のクランプする機構装備したアームが、一定の角度回転し、円弧をえがいて材料を金型内に送り込む動作を行います。
 
アームの回転はプレスのクランク軸から連動する信号により、油圧によって別々に駆動します。
   
サーボ駆動装置が主流となっている今日において、極めて大きなエネルギを高速で駆動し、比較的安価で実現したい場合はまだまだ油圧駆動の出番が沢山あります。
   
空圧駆動ローディング装置
本ローディング装置は製品搬出→スクラップ排出→次工程プレス機への製品搬送する装置です
 
駆動源はエアーを採用し、長距離搬送を行っております。
 
プレス機内に設置したため省スペースで、空圧(エアー)を駆動源とするため、簡易自動機(LCA)に適しています。
 
ご予算でお悩みのお客様には、比較的安価にご提供できます。
   
 
お客様仕様の各用途に合わせ、サーボ・油圧・空圧等を組み合わせたより良いご提案をさせていただきます。
 
※営業担当へのお問い合わせ
 
連絡担当者 : 村上哲之(ムラカミテツノブ)
 
お気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社三進技研
〒770-0035
徳島県徳島市南島田町1-16
TEL.088-632-0960
FAX.088-633-2869

 
SAN SHIN ENGINEERING CO.,LTD.
1-16, Tokushima-City, Minamishimada-Cho, Japan
TEL : +81-88-632-0960  
FAX : +81-88-633-2869
 
 
※営業担当へのお問い合わせ
 
連絡担当者 :
村上哲之(ムラカミテツノブ)
E-mail :
 
お気軽にお問い合わせください。
<<株式会社三進技研>> 〒770-0053 徳島県徳島市南島田町1-16 TEL:088-632-0960 FAX:088-633-2809