三進技研より、プレス加工の自動化をご提案いたします。まずはできるところからはじめてみませか!!お気軽にお問い合わせください。

qrcode.png
http://topec.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 
 
プレス間搬送ロボット
プレス加工のタンデムライン先頭にて材料分離→スプレー塗油→材料投入を行います。
 
プレス間搬送ロボット2
ライン先頭にて、シート材自動交換を行います。メイン制御盤によりオペレーター1名にてライン稼働しています。
 
 
プレス間ロボット搬送3
NACHI製多関節ロボットによる次工程へのワーク搬送。
 
プレス間ロボット搬送
金型段取時には、ロボットは自動退避を行います。
   
 
本搬送ラインは多関節ロボット(NACHI製)を使用しての自動化製造ラインです。
 
単数および複数台のプレス機を並べた状態(タンデムライン)で、製品を搬送するシステムです。
 
ロボットは直行ロボットよりも自由度が大きい為、自動化が容易で、金型等の制限が少なく省力化に貢献いたします。
また、ラインレイアウトの変更が容易で、 高密度なライン構成を可能とします。
 
様々なワーク・ご計画(ご予算)に合わせて対応し、お客様の品質向上・省力化・加工サイクル向上に貢献いたします。
   
生産ラインロボットの動作シミュレーションを事前に行います。
3Dシミュレーションを用いることにより、生産工程の計画と予測が可能となります。
またタクトタイム調整、その他機器の干渉チェックが容易です。
 
   
 
 
   
事例 1 双腕ロボット(カワサキduAro)を使用した切削工程の自動搬送システムです。
 
 
双腕で作業することで、人手作業の代替が可能になり、周辺治具等も簡素化されました。
 
 
オペレーターと協働作業を行い、安全柵無しに同じ作業空間に共存し省スペースです。
 
 
   
事例 2 双腕スカラロボット(カワサキduAro)を使用したプレス間搬送システム
 
 
作業者の代りに、作業者のいたスペースに電源・エアー・起動信号のみで簡単に設置出来ます。
 
 
 
ワーク供給、プレス起動操作という長時間にわたる反復作業を、ロボットにより代替を行いました。
 
 
   
まずはできるところから始めませんか!!
三進技研よりロボット導入のスモールスタートをご提案致します。
 
 
   
※営業担当へのお問い合わせ
 
連絡担当者 : 村上哲之(ムラカミテツノブ)
 
ご計画・ご予算に応じてご提案致します、お気軽にお問い合わせください。
 
 
株式会社三進技研
〒770-0035
徳島県徳島市南島田町1-16
TEL.088-632-0960
FAX.088-633-2869

 
SAN SHIN ENGINEERING CO.,LTD.
1-16, Tokushima-City, Minamishimada-Cho, Japan
TEL : +81-88-632-0960  
FAX : +81-88-633-2869
 
 
※営業担当へのお問い合わせ
 
連絡担当者 :
村上哲之(ムラカミテツノブ)
E-mail :
 
お気軽にお問い合わせください。
<<株式会社三進技研>> 〒770-0053 徳島県徳島市南島田町1-16 TEL:088-632-0960 FAX:088-633-2809